25日の日経平均株価は前日比57円20銭高の1万6949円53銭で寄り付いたものの上値は限られ、下げに転じる場面もみられた。米国ではNYダウが小反発したもののドル・円は前日とほぼ変わらずの水準で推移しており、売り買いともに手掛かり材料に乏しい。聖金曜日で欧米など主要な金融市場は休場となるため、海外勢を中心に見送りムードが強いとの見方があった。

 業種別では、石油・石炭製品、精密機器、ガラス・土石製品が値上がり率上位。半面、銀行、情報・通信、不動産などは下落している。(編集担当:宮川子平)