スウェーデンの大手自動車メーカーのボルボ(Volvo)は、2016年第3四半期にハノイ市ロンビエン区とホーチミン市7区フーミーフン新都市区で国内初のサービスセンター「ボルボ4Sセンター」をオープンする。同社が22日に発表した。

  同店では、新車及び部品の販売、アフターサービス、顧客情報管理などを行う。サイゴン総合サービス社(Savico)傘下のバックアウオート(Bac Au Auto)が輸入・流通を手掛ける。また、バックアウオートはマーケティングや販売を行うほか、アフターサービスも提供する。

  ベトナム市場で発売する新型モデルは、スポーツ用多目的車(SUV)「XC90」とセ ダン「S90」。現時点で、既に2人がXC90を予約しているという。

  バックアウオートの代表は、3~5年以内にベトナムの高級車市場でのボルボのシェアを5~8%まで拡大することを目指すとしている。(情報提供:VERAC)