ザインエレクトロニクス <6769> は後場に入って買いを集め、午後0時56分に300円ストップ高の1665円を付けた。25日、東京大学との共同研究により、ノイズ耐性を改善させた完全デジタル型クロック・データ・リカバリ(CDR)技術の開発に成功したと発表した。従来の完全デジタル型CDRを約10倍上回るノイズ耐性と、広範な周波数レンジ、微細な周波数解像度を実現したという。知的財産権化が必要な技術については特許出願を完了している。

 従来のモバイル機器以上にノイズ環境にさらされる各種センサーネットワーク用途や、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)システム、自動運転・ADAS(先進運転支援システム)関連などのセンサーデータ利用環境などの拡大が見込まれている。今回の研究開発成果は、低消費電力化、高速化、省スペース化、ノイズ耐性向上が求められる広範な潜在市場において今後の適用の可能性が期待されるとした。(編集担当:宮川子平)