ドル円は112円90銭まで上昇。セントルイス連銀総裁が4月利上げの可能性に言及したことが背景。ただその後は米長期金利の低下や原油価格の下落にドル売りが優勢となり、112円34銭までドル安が進み、この日の安値圏で取引を終える。

 ドル高が進んだことでユーロドルも下落、1.12台を割り込み、1.11台半ばまでユーロ安が進行。

 株式市場は続落。原油価格の下落がひびき、エネ・・・・

続きを読む