日本写真印刷 <7915> が急落。午後0時39分に63円(3.51%)安の1732円まで売られた。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が22日、目標株価を2500円から2340円に引き下げている。投資判断は「ホールド(保有)」を継続。

 同証券では、17年3月期以降の為替前提を1ドル=120円から110円に修正し、これに伴って営業利益予想を下方修正した。デバイスの生産効率向上や蒸着紙事業の買収効果などでは円高の影響を吸収しきれないと判断した。(編集:松浦直角)