千代田化工建設 <6366> が後場急落。23日正午発表の業績修正を受け、74円(7.81%)安の873円まで売られた。16年3月期の純利益予想は120億円から25億円(前期比77.3%減)へ大幅減額。期末一括配当の予想は14円から8円(前期13円)に引き下げた。

 海外の石油関連プロジェクトで建設工事費用の増加が見込まれることや、原油安による英国子会社などの業績不振で損益が悪化。英国子会社に関連するのれんの減損処理で特別損失45億円を計上する。(編集:松浦直角)