浅沼組 <1852> は22日午後2時に開示した16年3月期業績および配当予想の上方修正を材料に急騰し、一時53円高(21.63%高)の298円を付けた。売上高を1392億円から1460億円(前期比15.1%増)、純利益を34億円から61億5000万円(同2.2倍)に上積み。期末一括配当を従来予想および前期実績の2円から5円に引き上げた。

 受注が計画を上回り、工事の進ちょくが順調に推移。工事採算も改善した。また、繰延税金資産の回収可能性を検討した結果、回収可能性のある部分について繰延税金資産を計上する。(編集担当:宮川子平)