エンバイオ・ホールディングス <6092> は急反発し、朝方に150円ストップ高の1041円を付けた。4ケタ回復は昨年(15年)9月1日以来。18日引け後、日本シーガテック(東京都港区)と原位置熱脱着技術(ISTD)の実施権取得契約を締結したと発表した。

 ISTDは電熱ヒーターで地中の温度を汚染物質の沸点以上に上昇させて汚染物質を気化させ、汚染物質を加熱空気とともに吸引して地上に設置した処理設備で無害化処理する。最高500-700度まで土壌を昇温することができるため、PCB(ポリ塩化ビフェニル)やダイオキシン類を地中で熱分解することが可能になる。(編集担当:宮川子平)