北京大学光華管理学院と同大学統計科学センターがこのほど発表したリポートによると、中国の経済先進地域として北京、上海、広州(広東省)、成都(四川省)、瀋陽(遼寧省)の5カ所を選んで大気汚染の現状を調べたところ、北京は大気汚染の発生が「年中無休」状態だった。上海のメディアグループ上海報業が運営する情報サイトの「界面」が報じた。

 中国にある米国大使館と総領事館では、敷地内で観測した大気汚染の・・・・

続きを読む