■米国時間の3月21日に新製品を発表するとの見方

 17日は米アップル社関連株の動意も活発化し、取引開始後はアルプス電気 <6770> が5%高の2266円(103円高)まで上げて2日続伸基調となり、村田製作所 <6981> も2日続伸基調の3%高は1万4980円(380円高)まで上げている。

 前週なかばから、米アップル社が米国時間の3月21日に新製品を発表するとの見方が出ており、3月10日付のAFP=時事通信は、「米アップル(Apple)は10日、今月21日に米カリフォルニア(California)州クパティーノ(Cupertino)の同社キャンパスで報道機関向けイベントを開くとの招待状を送った。4インチ画面の「iPhone(アイフォーン)」や、ビジネス向けの「iPad(アイパッド)」といった新製品を発表する見通しだ」などと伝えた。新製品発表日は日本時間の3月22日。来週の週明け22日まで期待高が続くと見て注目する様子がある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)