ドル円は東京市場の流れを引き継ぎ、113円台後半で推移したが、FOMC後に急落。利上げ見通しが引き下げられたことからドル売りが活発になり、112円34銭まで下落。

 ユーロドルもFOMCの結果を受け、ユーロ買いドル売りが強まり、1.1244まで上昇。ECBの追加緩和発表後の高値を抜く。

 株式市場は利上げペースの減速が示唆されたことから続伸。ダウは74ドル上昇し、S&・・・・

続きを読む