■「サウザンドメモリーズ」などのスマートフォン向けゲーム開発

 17日、新規上場となったアカツキ <3932> (東マ)は売り気配で始まり、9時12分に公開価格1930円を8%下回る1775円で初値がついた。

 スマートフォン向けゲーム開発などを行い、「サウザンドメモリーズ」などがヒット。このところは「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」(2015年1月配信開始)の人気が注目されている。

 2016年3月期の業績予想(連結)は、売上高が前期比28.4%増の55.79億円、営業利益は同3.4倍の19.35億円、純利益は2.3倍の8.61億円、予想1株利益は75円77銭。

 予想1株利益に基づく公開価格でのPERは26.5倍。クルーズ(2138)の同22倍前後、コロプラ(3668)の同13倍前後などが参考になるようだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)