インターネット広告事業やメディア運営事業を手掛ける株式会社インタースペース(東京都新宿区)のベトナム合弁会社インタースペースベトナム(INTERSPACE VIETNAM CO.,LTD.、ハノイ市)は、ベトナムのオンラインマーケティングの企業として初めてベトナムeコマース(電子商取引)協会(VECOM)の正式メンバーに加入した。

  インタースペースベトナムは、2015年4月に設立、5月にサービスを開始し、順調に事業を拡大。2016年3月現在、アフィリエイトプラットフォーム企業として最大の約2万を超える媒体ネットワークを構築し、eコマース、金融、人材、教育など多岐にわたる広告主へサービスを提供している。

  VECOMのグエン・タイン・フン副会長によると、2015年11月時点でベトナムの人口約9000万人のうち4000万人がインターネットを利用しており、eコマースのベトナム市場は2006年から2015年にかけての普及期を経て、2016年から2020年にかけて発展期に入った。今後の成長率は年間約30%の見通しで、2020年までに小売業界全体の約5%に相当する100億USD(約1兆1300億円)に成長する見込みだ。(情報提供:VERAC)