■値動きに躍動感がみられデイトレーダーなどの注目強まる期待

 スマートフォン向けゲームなどのアクセルマーク <3624> (東マ)は16日の後場も値上がり率10%台を保ち、14時過ぎには14%高の1399円(170円高)前後で推移。15日付で、3月10日に事前登録を開始した新作ゲーム「時を思考する対戦RPG『ワールドクロスサーガ -時と少女と鏡の扉-』」の事前登録者数が5万人を突破と発表し、期待が高揚している。

 このゲームの事前登録開始を発表したのは3月10日で、翌3月11日の株価は150円高のストップ高となった。本日は、これに続いて再び値動きに躍動感が出てきた形になっており、値幅の出る銘柄を好むデイトレーダーなどの注目が強まる期待が出ている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)