ガイアックス <3775> が大幅上昇。前場終了の時点で、150円(17.54%)ストップ高の1005円買い気配となっている。15日午前11時に子会社「電縁」がブロックチェーン技術を使った情報システム構築に関するコンサルティング・受託開発を開始したと発表したことが要因。

 ガイアックスでは、注力分野である「シェアリングエコノミー」とブロックチェーン技術との関連が一段と強まることを予想し、グループ全体で取り組みを積極化している。15年12月にはブロックチェーンサミットを主催した。(編集:松浦直角)