今でこそ日本製品は世界的に高品質で知られるようになったが、戦前の日本製品は「安かろう、悪かろう」の代名詞だったという。日本企業はどのようにして製品の品質を高め、そして「安かろう、悪かろう」という悪評を払拭したのだろうか。

 中国メディアの工控網は国際先駆導報の報道を引用し、「今日の日本製品はかつての日本製品と大きく異なる」と伝え、日本製品は現代において「高品質」、「消費者の立場に立脚した・・・・

続きを読む