■電子機器などのEMS(受託製造業)最大手で「ドローン」も生産

 15日は3銘柄が新規上場となり、東証1部に直接新規上場となったユー・エム・シー・エレクトロニクス(UMCエレクトロニクス) <6615> は、9時31分に公開価格3000円を17%下回る2480円で初値がついた。その後は2554円(初値の74円高)まで上げて売買をこなしている。

 電子機器などのEMS(受託製造業)大手で、日系メーカーの最大手。電子回路を中心に車載機器や産業機器向けを中心に安定的な拡大を続けている。「ドローン」(小型無人飛行体)の製造も受託し、現在ドローンで世界最大手の中国企業の製品を部品から完成まで受託生産する。

 比較対象銘柄としては、日本マニュファクチャリングサービス(2162)のPER10倍前後、UKCホールディングス(3156)のPER8倍前後、コンテック(6639)のPER11倍前後、などが挙げられている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)