■障害者の就労促進などを推進し今期の業績は売上高28%増などと見込む

 14日、新規上場となったLITALICO(りたりこ) <6187> (東マ)は、12時53分に1880円で初値が付き、公開価格1000円の88%高で高人気のスタートとなった。前場から気配値をセリ上げる展開が続き、初値がついたあとは1940円まで上げて売買をこなしている。

 障害者の就労促進などを推進するほか、子育て情報サイトや障害児を対象にしたデイサービス事業なども展開し、会社側の2016年3月期の業績予想(単体)は、売上高が前期比28.1%増の70.80億円、営業利益が同53.8%増の5.09億円、純利益は同43.5%増の2.74億円、1株利益は35円60銭。

 この1株利益に基づくPERは50倍に乗ってきたが、業績の好調な新規上場銘柄の中にはPERが100倍を超えるまで買われる銘柄もあるため、割高感はそれほど意識されていないようだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)