米ドル円相場は微妙な情勢が続いています。たとえるならば、上に(円安方向に)動こうか、下に(円高方向に)動こうか、相場が行き先を迷っているような状況と言えます。まず、長期的な見通しとしましては、年始から重要と考えていたサポート帯(115~116円)を完全に割り込みました。そのため、長期トレンドが去年までの「円安」から「円高」に転換してしまった可能性が高く、その場合、すぐに終わることは考えにくく、今年これから長・・・・

続きを読む