ペプチドリーム <4587> が大幅反発し、4日の昨年来高値を更新。午前9時26分に705円ストップ高(16.04%高)の5100円まで買われ、その後も同値買い気配となっている。

 みずほ証券が10日、目標株価を5070円から9230円へと大幅に引き上げたことが要因。投資判断は「買い」を継続としている。

 同証券では、ペプチドリームの基盤技術である「PDPS」が、製薬業界の創薬基盤技術を補完・部分代替し、創薬に大きな変化をもたらす可能性が高いと言及。契約する製薬企業数の増加や、3月4日に米リリー社との技術ライセンス契約が発表されたことは、こうした変化を裏付けているとした。(編集:松浦直角)