千代田インテグレ <6915> は急反落し、午前9時53分には160円安(6.17%安)の2430円を付けた。10日引け後に16年12月期(16カ月の変則決算)の6月中間期および通期業績予想を下方修正したことが嫌気されている。

 営業利益を22億円から19億円、通期で54億5000万円から45億円に引き下げた。為替が想定よりも円高に推移したことや、中国をはじめとする新興国経済の減速による各分野の受注減から売上高が当初の計画を下回っているという。前提為替レートは1ドル=115円(従来は120円)とした。(編集担当:宮川子平)