■今期予想1株利益40.8円としPER割安感強まる

 都市型マンションなどのアーバネットコーポレーション <3242> (JQS・売買単位100株)は11日、急伸の始まりとなり、取引開始後に8%高の305円(23円高)まで上げてJASDAQ銘柄の値上がり率上位に進んだ。昨10日の取引終了後に2016年6月期の連結通期業績予想と配当予想を増額修正して発表。全体相場に逆行高となっている。

 6月通期の予想営業利益は従来予想を9%引き上げ、純利益は同じく13%引き上げ、増額後の予想1株利益は40円84銭。株価は300円でもPER7倍台前半に過ぎなくなり、割安感が大きく強まった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)