■荷もたれ感なく値幅を狙うには注目しやすさが

 不動産仲介などのハウスドゥ <3457> (東マ)は10日、大幅続伸となり、11時にかけては12%高の3700円(395円高)前後で推移。上場来の高値を約10ヵ月ぶりに更新している。朝、インターネットを利用した旅行情報サービスなどのイー・旅ネット・ドット・コム(東京都港区)と業務提携の検討を開始と発表。材料視されている。

 このところは、2月29日に発表した2月の月次動向を好感して次第に動意を強めており、上場来高値のため荷もたれ感がなく、短時間で値幅を狙う資金にとっては注目しやすい銘柄のようだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)