10日の日経平均株価・始値は前日比168円80銭高の1万6811円00銭。ドル・円の上昇を受けて買い先行の展開となった。原油相場が堅調に推移していることも市場心理の改善につながっている。一方、今晩のECB(欧州中央銀行)理事会を控えて様子見ムードも広がりやすい。

 業種別では、機械、ゴム製品、その他金融が上昇。一方、電気・ガスは下落している。(編集:松浦直角)