マネーパートナーズグループ <8732> が急落している。朝方は1212円まで買われ、前日に続いて昨年来高値を更新したものの、その後は売り優勢に転換。午後2時33分に288円(25.44%)安の844円まで下落した。

 株価は2月12日の安値278円から前日までで854円(4.1倍)と大幅に上昇していたことから、足元では利益確定を狙った売りが出やすい状況となっている。

 また、提出された臨時報告書では、楽天証券のマネパG株式保有比率が10.72%から9.97%へと低下したことが明らかになった。(編集:松浦直角)