NTT <9432> が急反発。寄り付き直後に208円(4.45%)高の4880円まで買われた。

 みずほ証券が8日、目標株価を4900円から5180円に引き上げている。投資判断は「中立」を継続とした。NTTドコモ <9437> の目標株価を2070円から2520円へ修正したことが主な要因。

 同証券が予想するNTTの営業利益は、16年3月期を1兆3562億円、17年3月期を1兆4475億円、18年3月期を1兆5432億円に上方修正した。想定以上のコスト削減の進捗と、端末値引きの縮小が可能となる環境変化により、懸念されていた「カケホーダイライト」リスクが後退したと説明している。

 また、保有するドコモ株式の売却と、NTT東日本の特別配当1000億円実施という分配可能利益の確保に向けた取り組みにより、16年3月期末の分配可能利益は9875億円になると見込んだ。17年3月期以降の株主還元拡大への素地は整ったとした。(編集:松浦直角)