日本車の安全性の高さは日本のみならず、欧米でも高く評価されている。権威ある調査機関による安全性評価のほか、各調査会社が実施する顧客満足度でも日本車の安全性は実証されていると言えよう。

 日本車は衝突事故の際には衝撃を吸収することで、ドライバーなど車内の人員を衝撃から守るよう作られているが、こうした事実が中国では理解されているとは言えないのが現実で、今なお日系車は安全性に劣るという誤解も少なくない。こうした誤解の根底にあるのは「日系車は鋼板が薄い」という主張だ。

 中国メディアの捜狐は、自動車のボディーの鋼板は厚ければ厚いだけ安全なのだろうかと疑問を投げかける記事を掲載、安全な自動車とは一体どのような車を指すのかを解説した。

 記事は冒頭、中国ではいまだに「ボディーの鋼板が厚い自動車こそが安全であるとの考えが根強く残っている」と指摘。そして、自動車購入を考えている消費者が、自動車販売店で自動車のボディーを手で押して、鋼板の厚みを確認している様子をよく見かけると報告した。

 実際に街中で見かける中国自主ブランド車のなかには、ボディーの薄さが一目で分かるような車も多く、すぐに壊れてしまうのではないかと不安になる。自動車購入時に鋼板の厚みを確認したくなる気持ちも理解できなくもない。だが、自動車のボディーに戦車の装甲の様な厚みが必要でないことは明白だ。

 記事も、自動車のボディーに厚みを求めるのは道理に反するとし、自動車に装甲を取り付ければボディーの変形は防ぐことはできるだろうが、「フレームを強化し、ボディーの下に強度の非常に高い鋼板を取り付ける必要がある」ため、車両重量も増え、大排気量のエンジンを搭載する必要があると指摘。結果的に、防弾車両のように価格も跳ね上がることになると指摘した。

 さらに、一般向けの自動車において、乗員の生命を守ることにつながるのは「ボディーの厚さ」ではなく、フレームや車体構造であると指摘し、衝突時のエネルギーを吸収、分散できる構造でこそ乗員の安全性を保障できると指摘。日系車はこうした構造を採用していると伝えたうえで、「鋼板の厚さで安全性を判断している中国人消費者は“笑われている”」と論じた。

 自動車の安全性能はもっとも重要であり、自動車選びの際には消費者にも正しい知識が求められるにもかかわらず、中国では今なお誤った考え方が根強く存在するのは残念としか言いようがない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)