■業績好調でサイバーセキュリティ新商品の材料に急反応

 セキュリティシステムなどのネットワークバリューコンポネンツ(NVC) <3394> (東マ)は3日、買い気配のまま9時30分前にストップ高の2757円(500円高)に達し、10時を過ぎて本日はまだ売買が成立していない。3日付で米国のサイバーセキュリティ分析などの大手RedSeal(レッドシール)社製品の販売を開始したと発表。今12月期の純利益などが最高を更新する見込みで動意づきやすい状態のため、一段と注目される形になった。PERは14倍前後に過ぎず、値動き的にもまだ大きく出直っていない印象があり、上値余地に魅力を感じる投資家が少なくないようだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)