インドネシア・ジャワ島の高速鉄道建設計画において、中国側はインドネシア政府の債務負担や担保の供与を求めない破格の条件で受注を勝ち取った。しかし中国国内では「受注はしたが損をしたのでは」という疑問の声があちこちで聞かれ始めているようだ。中国メディアの高鉄網はこのほど、中国国内で浮上しているこうした疑問に対する答えを提示した。

 記事が提示した答えの要旨は、インドネシアの高速鉄道の受注による・・・・

続きを読む