3月2日の金相場は堅調に推移した。株式市場が軟調に推移したことで、安全資産としての金の需要が高まったとみられている。また、インドネシアで地震が起きたことも市場のリスクオフの動きを強めた。

 現在金相場は1239.00で推移している。(9:56)

 3月2日の原油相場は続伸し、約2ヶ月ぶりの高値をつけた。EIAの統計で原油の需要が高まっている事が市場の好感につながった。市場筋からは「市場の思惑が強気になってきている」との声もある。

 現在原油相場は、34.67で推移している。(9:59)(情報提供:東岳証券)