地場総合インターネットメディア運営会社VNGコーポレーション(VNG Corporation、ホーチミン市)が展開するモバイル無料通話・メールアプリ「Zalo(ザロ)」のユーザー数が、4500万人を突破し、各無料通話・メールアプリ(OTT)中で最多のユーザー数を記録した。

  これにより、同アプリの新規ユーザー数は、6か月あたり+1000万人増という安定した水準を維持している。VNGによると、今後はアプリの品質及び技術インフラの改善に注力し、より高速且つ安定した通信を目指す方針だ。

  同アプリは2012年に提供が開始され、通話やメッセージの送受信のほか、フェイスブック(Facebook)のように友達を探したり近況や写真を投稿できることで人気を集め、新規ユーザー数は増加の一途を辿っている。

  最近では、個人ユーザー同士の日常的な連絡手段としてだけでなく、国の機関や組織、団体などの情報チャネルや対話ツールとしても活用されている。(情報提供:VERAC)