西北部地方ラオカイ省で27日、ノイバイ(ハノイ市)~ラオカイ(ラオカイ省)間高速道路と同省サパ郡を結ぶ道路建設案件が着工した。同案件は、BOT(建設・運営・譲渡)方式で建設し、2019年第1四半期に完成する見通し。

  同案件は、全長29kmの国道4D号線を4車線に拡張し、全長22kmの区間を新たに建設する。投資総額は2兆5180億VND(約127億円)で、投資主の自己資金、借入金、国家予算から拠出される。投資主は通行料金の徴収により、24年間で資金を回収する。

  同省では、複数の高級リゾート案件が進められていることや、2014年に同高速道路が全線開通したことにより、サパを訪れる観光客数が増加し、交通量も増えている。しかし、国道4D号線は道幅が狭く交通事故や渋滞も多発しているため、同案件の展開が急務となっている。(情報提供:VERAC)