インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画は中国が受注し、すでに起工式も行われた。書類の不備など受注後における中国側のずさんな対応によって工事が始まらないという指摘もあるなか、中国メディアの中華鉄道網はこのほど、中国側がインドネシアに対して破格の条件を提示した理由について論じた。

 記事はまず、中国がジャワ島の高速鉄道を受注するにあたって、インドネシア側に提案した条件はインドネシア政府の債務保証や担保供与を求めないという破格のものだったことを指摘。

 一方、中国が一切の代価を惜しまず、むしろ損をする可能性も抱えながら受注したことに対し、中国国内では「元手を割った価格でなければ売れないのか?」などといった疑問の声があがったと紹介した。続けて、こうした疑問の声に対し、「どれだけ良い製品でも、市場を育てるための時機というものがある」と主張。

 特に、現在は多くの国が高速鉄道の導入を望みながらも市場には競合が少ない時機に当たると指摘し、元手を割った取引であっても中国高速鉄道を積極的に輸出することで中国高速鉄道を国際規格とすることができる可能性があることに言及した。

 また記事は、中国高速鉄道が早期に世界市場でシェアを高めることで「バンドワゴン効果」も期待できると指摘。バンドワゴン効果とは群集心理に関する現象の1つで、大きな流行や支持は情報の拡散によっていっそう大きな流行や支持につながるというものだ。すぐに利益が出なくとも、中国高速鉄道の輸出を進めておくことで将来的に導入国が拡大し、利益に繋がるはずだと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)