世界最大の自動車市場である中国において、消費者にとっての自動車とは「利便性を向上させる道具」という自動車本来の存在意義のほかに、自らの社会的地位やメンツなどを示すための道具という側面もある。

 中国も経済発展に伴って国民の所得水準は向上しているが、それでもまだ日本のほうが所得水準は高い。2015年の日本国内における新車販売台数において、もっとも多かったのはトヨタ・アクアだったが、中国人か・・・・

続きを読む