■鉄より8割、アルミより6割軽く量産体制整うと伝えられる

 阿波製紙 <3896> (東2)は17日、ストップ高の急伸となり、朝方に659円(100円高)で売買成立したあとは11時を過ぎてもこの値で買い気配のままストップ高が続いている。17日付けの日経産業新聞が、鉄より8割、アルミより6割軽い厚さ1ミリのCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を開発し、量産体制が整ったなどと伝え、材料視されている。

 1月下旬には、紙すきの製法を生かしたシート状の炭素繊維強化プラスチック(CFRP)に関する報道が日本経済新聞に載ったことなどが言われて2日連続ストップ高となったことがある。直近は、このときの急騰をほとんど帳消しにしてしまったが、今回も期待は強いようだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)