■現金比率高めてリスクヘッジの動き増える中で少額投資可能

 飛島建設 <1805> は10日、急伸の始まりとなり、取引開始後に13%高の184円(21円高)まで上げて東証1部銘柄の値上がり率1位に躍進する場面があった。本日、10日に第3四半期決算の発表を予定し、昨日までに発表した東急建設 <1720> や清水建設 <1803> などが軒並み大幅増益だったため、同社にも期待が膨らんでいる。

 このところの全体相場は昨日の日経平均918円安などと再び不透明感が強くなっており、投資家の中には現金比率を高めてリスクヘッジする動きが増えている様子がある。こうした中で、飛島建設は株価100円台で100株銘柄のため、少額の資金で株式投資を継続できる投資対象としての妙味もあるようだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)