1990年代に日本はバブル崩壊を迎え、その後の日本経済は「失われた20年」と称される経済成長の停滞期に突入した。少子高齢化などの構造的問題もあり、日本経済は今なお成長の軌道には戻れていないのが現実だ。

 だが、中国メディアの金融界はこのほど、日本経済の成長率を見れば確かに「失われた20年」と言えるものの、実際には日本がバブル崩壊後に過ごした20年間は「革新の20年だった」と論じる記事を掲・・・・

続きを読む