28日の日経平均株価・終値は前日比122円47銭安の1万7041円45銭。朝方は米株安を引き継ぎ売り優勢で始まるも、その後は円安進行を背景に買い戻され、午前11時頃には71円高まで上昇した。ただ、本格化する主要企業の決算発表や、29日の日銀金融政策決定会合の結果発表を控え、積極的に買い進む動きは限定的。後場は方向感のない動きに終始し、取引終盤には手仕舞い売りがかさんだ。

 業種別では、鉄鋼、鉱業、海運が下落。一方、水産・農林、食料品、空運は上昇した。(編集:松浦直角)