■AR・VR関連人気衰えず昨日までの4日連続ストップ高に続いて急伸

 サイバネットシステム <4312> は28日も上値を追う始まりとなり、取引開始後に988円(103円高)と昨日までの4日連続ストップ高に続いて大幅続伸となった。このところは、3次元形状モデリングシステムの発表や、近未来の新技術として注目されるAR(拡張現実)、VR(仮想現実)技術の関連株として物色人気が拡大。今朝は日証金が本日売買分から貸借取引の新規申し込み停止を発動したが、この措置は発動直後に買い戻しが増える特性があるとされ、一段高の期待が強まった。

 急伸相場が始まる直前の株価は400円前後だったため、すでに2.5倍近く急騰した。PERも60倍台に乗ってきた。しかし、需給の引き締まりによって上げる展開になってきた様子があり、短期間に大きな値幅を得られる妙味などから、短期筋や投機筋にとっては一段と魅力が増す可能性がありそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)