中国は世界第2位の経済大国であり、世界に与える影響は極めて大きい。中国の2015年における国内総生産(GDP)の伸び率は6.9%増にとどまり、25年ぶりの低水準にまで減速したことで、中国経済の鈍化が世界経済にもたらす影響について懸念が高まっている。

 だが、中国メディアの騰訊財経はこのほど、米メディアの報道を引用し、中国経済が減速し、最終的に日本経済の「二の舞」となる可能性は低いと論じた・・・・

続きを読む