■顧客リスト流出し金庫屋が金庫破りに遭った形で急落したが・・・

 マルウェア(悪意のあるソフトウェア)対策などのアークン <3927> (東マ)は26日の前場、続伸基調となり、一時21%高の3870円(665円高)まで上げて出直りを強めた。1月中旬、不正アクセスにより顧客企業リストから3859社の情報が流出したことなどを発表し、金庫屋が金庫破りに遭った形になり13日から3日連続ストップ安するなどで上場来の安値を更新した。しかし、その後、会社側は19日付で対策強化やサーバーの再稼働を発表し、時間の経過とともに「貴重な経験やノウハウ蓄積」を評価する雰囲気が広がっている。

 2015年12月に上場し、高値は12月の1万440円。1月中旬からの急落相場では22日に2410円まで下押した。まだ自律反騰に過ぎない可能性があるが、急落途中に罫線観測でいう「窓」(マド)が空いたため、自律反騰が本格化する場合は「窓埋め」を指向して5400円どころまで反騰する可能性はあるようだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)