■年初の下げを9割回復し目先は戻り売りをこなす展開も

 サンヨーホーム <1420> は26日、大幅続伸の始まりとなり、取引開始後に12%高の485円(53円高)まで上げ、全体相場の急反落に逆行高となっている。25日の取引終了後に株主優待制度の拡充を発表し、保有化部数をこれまでの500株以上から100株以上としたことなどが好感された。昨年末は490円前後で、今朝はこれまでの下げ幅を9割以上は回復した。このため目先は戻り待ちの売りが増える可能性はあるが、回復の強さも注目を集める要因となっているようで、戻り売りをこなした後が注目されている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)