中国政府・財政部資産管理司(資産管理局)は26日付で、国有企業および株式保有により国が支配権を持つ国有控股企業(国有株式支配企業)の2015年における財務データーを発表した。

 個別企業ではなく、国有系企業の総計として発表した。売上高は前年比5.4%減の45兆4704億1000万元(約811兆9423億円)だった。税引き後の利益は同6.7%減の2兆3027億5000元(約41兆1190億円)だった。

 資産管理司は減益幅について、1-10月は9.8%、1-11月では9.5%と、縮小してきたと説明した。

 分野別では2015年通年で交通、化工、機械製造などの分野で増益幅が拡大した。石炭、石油、建材、石油化工の分野では、減益幅が大きかった。鉄鋼と有色金属では赤字が続いたという。

**********

◆解説◆
 中国は金属関連産業を「黒色金属」と「有色金属」に2分している。「黒色金属」とは鉄・クロム・マンガンで、同分野の推移か事実上、鉄鋼業の推移を示す。「有色金属」はそれ以外の金属で、同分野の推移は事実上、非鉄金属分野の推移を示す。(編集担当:如月隼人)