22日の日経平均株価・始値は前日比319円46銭高の1万6336円72銭。米株高や原油価格の反発を受け、買い戻しが優勢の展開となっている。ドル・円が1ドル=118円台目前まで戻していることも支援材料。一方、市場は振れ幅の大きい状況が続いていることや、休日前の手仕舞いも想定されることから、買い一巡後は売りも出やすい。

 業種別では東証33業種全てが上昇。特に、海運、鉄鋼、非鉄金属が買われている。(編集担当:松浦直角)