1月20日のスポット金は3日ぶり反発、前日比1.3%高の1100.88ドル/トロイオンスで引けた。世界的な株安や原油安を背景にリスク回避の動きが広がって、安全資産としての金が買われた。

  中国経済の先行き不安や底値が見えない原油安を背景に、この日は世界的に株が売り込まれた。日経平均は1年3カ月ぶりの安値を記録、ダウが一時400ドル超下げを記録した。金融市場全般で投資家のリスク回避姿勢・・・・

続きを読む