フライトホールディングス <3753> (東2)はシステム開発や電子決済ソリューションなどを展開している。16年3月期は大型案件も寄与して営業黒字化予想である。マイナンバー制度関連や決済端末新製品も注目点だ。株価は地合い悪化も影響してモミ合い下放れたが売られ過ぎ感を強めている。反発のタイミングだろう。

■システム開発や電子決済ソリューションなどを展開

 フライトシステムコンサルティングが13年10月、持株会社に移行してフライトホールディングスに商号変更した。システム開発・保守などのコンサルティング&ソリューション(C&S)事業、電子決済ソリューションなどのサービス事業、B2B向けECサイト構築パッケージなどのECソリューション事業を展開している。

 電子決済ソリューションの分野では、スマートデバイス決済専用マルチ電子決済端末「インクレディスト」およびスマートデバイス決済専用アプリケーション「ペイメント・マスター」の展開を強化している。

 スマートデバイス決済専用アプリ「ペイメント・マスター」は、10年9月に提供開始した国内初のBtoB向け決済ソリューションで、高級ホテル、レストラン、観光タクシー、旅行代理店などに導入されている。

 14年10月には、ECサイト構築パッケージソフト「イーシー・ライダー」のDRAGON TECHNOLOGYを子会社化(14年11月イーシー・ライダーに商号変更)して、ECソリューション事業も強化している。

■アライアンスも活用して事業展開

 14年9月には、スマートデバイス決済専用アプリ「ペイメント・マスター」に関して、フォウカスとスマートデバイスを用いたモバイルPOS決済システムで協業した。

 15年4月にはスマートデバイスを活用したクレジットカード・銀聯カードなど複数の決済処理が可能な新サービス「ペイメント・マスター for J-Mups(ジェイマップス)」を開発し、加盟店向けに提供開始した。接続先決済センターを三菱UFJニコスとJR東日本メカトロニクスが共同で運営する「J-Mups(ジェイマップス)」として、顧客ニーズに合わせたさまざまな拡張性の高い決済を実現する。

 15年11月には「ペイメント・マスター for J-Mups」のバージョンアップを行い、訪日外国人向けの外貨建てカード決済サービスに対応した。

 15年9月には、子会社イーシー・ライダーがラクーン <3031> と業務提携して、イーシー・ライダーのBtoB向けECサイト構築ASP「EC-Rider B2B」と、ラクーンのBtoB掛売り・請求書決済代行サービス「Paid」との連携を開始した。

 15年12月には導入事例として、子会社イーシー・ライダーのBtoB向けECサイト構築ASP「EC-Rider B2B」が、ニトムズ(愛知県名古屋市)の「ニトムズオンラインストア」の基盤システムに採用されたことを紹介している。

 15年12月には、子会社フライトシステムコンサルティングが、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」の法人モデル「Pepper for Biz」向けロボアプリの開発者などを総合的に支援する「Pepperパートナープログラム」においてロボアプリパートナーとして認定された。そして1月19日には事例紹介として「Pepper」によるフライトグループ受付を公開している。

■海外展開も加速

 14年12月には海外での「ペイメント・マスター」および「インクレディスト」の拡販に向けて米国子会社FLIGHT USAを設立した。今後のICチップ付きクレジットカード決済(EMV決済)および、Apple PayなどのNFC決済においてグローバル展開を推進する。

 また1月6日には、アジアを中心とした海外での電子決済ソリューション事業の展開に向けて台湾に100%子会社(FLIGHT台湾)を設立したと発表している。

■決済端末の新製品「incredist premium」を発表

 15年10月には、子会社フライトシステムコンサルティングが米国子会社FLIGHT USAを通じて、北米市場向けタブレット連動型クレジットカード決済装置incredistの新製品「incredist premium」を発表(出荷開始は16年1月中旬)した。磁気クレジットカード、接触型ICクレジットカード(EMV)、非接触型ICクレジットカード(コンタクトレスEMV)、日本独自の電子マネーに対応した決済端末である。

 そして米国子会社FLIGHT USAと米国の大手決済センター事業者PIVOTALとの業務提携を発表した。PIVOTALのGlobalOneサービスと協業して新製品「incredist premium」の北米での販売を強化する。

 なお新製品「incredist premium」の日本国内での販売開始時期については、コンタクトレスEMV決済自体がテスト運用段階で、Apple Payも開始されていないため未定としている。

■大型案件も影響する収益構造

 なお15年3月期の四半期別推移を見ると、売上高は第1四半期(4月~6月)3億59百万円、第2四半期(7月~9月)3億円、第3四半期(10月~12月)2億38百万円、第4四半期(1月~3月)6億95百万円、営業利益は第1四半期7百万円の赤字、第2四半期58百万円の赤字、第3四半期77百万円の赤字、第4四半期83百万円の黒字だった。

 サービス事業における大型案件の売上計上有無も影響する収益構造で、15年3月期は新規大型案件の先送りが影響した。ただし第4四半期に黒字化して営業損益は改善基調だ。

■16年3月期第2四半期は大型案件一巡で減収、赤字拡大

 今期(16年3月期)第2四半期累計(4月~9月)の連結業績は、売上高が前年同期比32.6%減の4億44百万円、営業利益が2億22百万円の赤字(前年同期は65百万円の赤字)、経常利益が2億38百万円の赤字(同67百万円の赤字)、そして純利益が2億40百万円の赤字(同67百万円の赤字)だった。サービス事業における大型案件が一巡して大幅減収となり、ECソリューション事業の先行費用も影響して利益は赤字が拡大した。

 セグメント別(連結調整前)に見ると、C&S事業は売上高が前年同期比0.2%増の2億81百万円、営業利益が2百万円の赤字(同6百万円の赤字)、サービス事業は売上高が同58.5%減の1億57百万円、営業利益が63百万円の赤字(同43百万円の黒字)、ECソリューション事業は売上高が14百万円、営業利益が31百万円の赤字だった。

 四半期別の推移を見ると、売上高は第1四半期(4月~6月)1億83百万円、第2四半期(7月~9月)2億61百万円、営業利益は第1四半期1億43百万円の赤字、第2四半期79百万円の赤字だった。

■16年3月期通期は営業黒字化予想

 今期(16年3月期)通期の連結業績予想(5月19日公表)は、売上高が前期比31.9%増の21億円、営業利益が60百万円の黒字(前期は59百万円の赤字)、経常利益が30百万円の黒字(同62百万円の赤字)、純利益が25百万円の黒字(同84百万円の赤字)としている。配当は無配継続としている。

 C&S事業では、マイナンバー制度関連および物流関連でシステム開発の大型案件を見込んでいる。サービス事業では、マルチ電子決済端末「インクレディスト」および決済専用アプリ「ペイメント・マスター」で、顧客側の都合で16年3月期にズレ込んだ新規大型案件が寄与する。ECソリューション事業では、今後3年間で100社への導入を目標としているBtoB用ECサイト構築パッケージ「EC-Rider B2B」の寄与が期待される。

 第2四半期累計は赤字幅が拡大したが、通期ベースでは増収効果で研究開発費、マーケティング費、採用費の増加を吸収して営業黒字化見込みだ。収益は改善基調だろう。

■株価はモミ合い下放れて軟調だが売られ過ぎ感

 株価の動きを見ると、地合い悪化も影響して1月20日には319円まで下押す場面があった。400円台でのモミ合いから下放れた形で軟調展開だ。ただし売られ過ぎ感を強めている。そして15年8月安値270円に接近して調整の最終局面と考えられる。

 1月20日の終値325円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS2円64銭で算出)は123倍近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS50円12銭で算出)は6.5倍近辺である。時価総額は約31億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線が戻りを押さえ、400円台でのモミ合いから下放れの形だが、日足チャートで見ると25日移動平均線に対するマイナス乖離率が20%を超えて売られ過ぎ感を強めている。調整の最終局面で反発のタイミングだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)