上海総合指数は20日、前日比31.05ポイント安(1.03%安)の2976.69ポイント引けた。前場ではもみ合い下落したものの、後場では小戻した。

 個別銘柄は金融関連銘柄が下落。保険会社大手の中國平安(601318)が3.11%安、中信証券(600030)が1.86%安、東興証券(601198)が2.59%安。一方で建築関連銘柄において国有企業の上昇が目立った。中鉄二局(600528)が4.90%高、中国交健(601800)が8.38%高。

 香港ハンセン株価指数は前日比721.70ポイント安(3.68%安)の18886.30ポイントで引けた。一時は18833.33ポイントをつけ3年半ぶりの安値を記録した。そのほか香港ドルは一時、1米ドル当たり7.8242香港ドルをつけ1999年来の安値を記録している。(編集担当:大平祥雲)(イメージ写真提供:123RF)