■四半期決算説明資料をホームページにアップし見直し強まる

 後発医薬品などのダイト <4577> は20日、急伸となり、10時30分にかけて9%高の2665円(221円高)まで上昇。東証1部銘柄の値上がり率では上場投信を除くと3位を競う展開になっている。同社ホームページに19日付で「第2四半期決算説明資料」を掲載。第2四半期決算そのものは1月8日に発表済みだが、ジェネリック製剤の2016年5月期上市品を5品目掲げるなどで見直す動きがある。

 株価は年初の3510円から1月18日の2400円まで調整が大きかったが、本日はアッサリと3日ぶりに2600円台を回復。上にも下にも値幅妙味が大きいため、腕に覚えのある投資家にとっては注目度が高いようだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)