クリナップ <7955> はシステムキッチンの大手でシステムバスルームなども展開している。株価は地合い悪化も影響して軟調展開だが調整一巡感を強めている。16年3月期大幅減益予想だが17年3月期は収益改善が期待され、2%台後半の予想配当利回りや0.5倍近辺の低PBRを見直して反発のタイミングだろう。

■システムキッチンの大手、システムバスルームも展開

 厨房部門(システムキッチン)を主力として、浴槽・洗面部門(システムバスルーム・洗面化粧台)も展開している。中期経営計画では「ザ・キッチンカンパニー」の確立を目指している。

 重点施策として、システムキッチン「S.S.」「クリンレディ」「ラクエラ」を軸とした商品ラインナップの充実、ブランド力の強化、中高級システムキッチンの市場シェア上昇および普及クラスの強化、全国のショールームへの集客強化と総合競争力の強化、会員登録制組織「水まわり工房」加盟店との連携強化とリフォーム需要の取り込み、トータルコストの低減、CPS活動の全社展開による業務効率化、20年サポートを支える業務システムの整備、そして海外事業の強化などを推進している。

 リフォーム戦略では会員登録制組織「水まわり工房」加盟店が、15年3月期に前期比514社増加して5346社となった。海外展開では中国で瀋陽や蘇州など4地区にキッチン等の提供を開始した。台湾やベトナムでの販売も拡大しているようだ。

 なお1月7日には、新機能「流レールシンク」を搭載して15年5月発売したシステムキッチン「クリンレディ」が、2015年日経優秀製品・サービス賞において優秀賞日経産業新聞賞を受賞したと発表している。

■ショールームのリニューアルを推進

 全国101ヶ所のショールームへの集客を強化するため、リニューアルと生活提案型ショールームへの転換を進めている。15年3月期には帯広、藤沢、鹿児島、和歌山、新潟の5ヶ所の移転リニューアル、大宮、大阪、岡山、大分の4ヶ所のリニューアルを実施した。

 さらに15年4月は石巻(移転リニューアル)、仙台(リニューアル)、15年10月には岡崎(移転リニューアル)、15年11月には福知山(移転リニューアル)、福山(リニューアル)を実施した。

 また12年7月オープンした西日本の旗艦ショールーム「キッチンタウン・大阪」に続いて、15年10月に首都圏エリア旗艦ショールーム「キッチンタウン・東京」が増床・全面改装してオープンした。16年3月期は15年10月時点で合計7店舗のリニューアルを実施した。

■新設住宅着工やリフォーム需要の影響を受けやすい収益構造

 15年3月期の四半期別推移を見ると、売上高は第1四半期(4月~6月)319億24百万円、第2四半期(7月~9月)284億53百万円、第3四半期(10月~12月)288億39百万円、第4四半期(1月~3月)270億23百万円、営業利益は第1四半期19億68百万円、第2四半期5億49百万円、第3四半期11億13百万円、第4四半期6億02百万円の赤字だった。

 新設住宅着工件数やリフォーム需要の影響を受けやすい収益構造で、15年3月期は消費増税の影響長期化や原材料費の上昇などで営業損益が悪化した。また15年3月期のROEは14年3月期比7.0ポイント低下して1.5%、自己資本比率は同2.5ポイント上昇して65.7%、配当性向は96.0%だった。

■消費増税の影響長期化で16年3月期第2四半期累計は大幅減益

 今期(16年3月期)第2四半期累計(4月~9月)の連結業績(11月2日に減額修正)は、売上高が前年同期比6.6%減の563億93百万円で、営業利益が同84.2%減の3億98百万円、経常利益が同88.1%減の2億76百万円、純利益が同88.5%減の83百万円だった。

 消費増税の影響長期化などで持家やリフォームに大きな伸びが見られず、需要期に向けたショールームのリニューアルやCM等の実施、原材料価格の上昇などで、売上高、各利益とも計画を大幅に下回った。

 部門別の売上高は厨房部門が同7.4%減の436億77百万円、浴槽・洗面部門が同4.7%減の97億45百万円だった。厨房部門のシステムキッチン「S.S.」「クリンレディ」「ラクエラ」および浴槽・洗面部門のシステムバスルーム「アクリアバス」「ユアシス」など主力商品が、いずれも数量・金額とも減少した。売上総利益率は32.7%で同1.7ポイント低下、販管費比率は31.9%で同1.7ポイント低下した。

 なお四半期の別推移を見ると、売上高は第1四半期(4月~6月)271億23百万円、第2四半期(7月~9月)292億70百万円、営業利益は第1四半期32百万円の赤字、第2四半期4億30百万円だった。

■16年3月期大幅減益予想

 今期(16年3月期)通期の連結業績予想(11月2日に減額修正)は売上高が前期比1.9%減の1140億円、営業利益が同50.5%減の15億円、経常利益が同53.4%減の12億60百万円、純利益が同32.1%減の6億円としている。配当予想は前回予想(5月11日公表)を据え置いて前期と同額の年間20円(第2四半期末10円、期末10円)としている。予想配当性向は138.6%となる。

 通期ベースでも消費増税後の厳しい事業環境が継続する見込みとしている。ただし15年5月に「流レールシンク」を標準装備して新発売したシステムキッチン「クリンレディ」や「美コートワークトップ」を標準装備したシステムキッチン「S.S.」などの拡販を強化する方針だ。さらに会員登録制組織「水まわり工房」加盟店との連携によるリフォーム需要の喚起、生産設備の増強、ショールームの改装、生産面での原価低減などを推進する。

 16年3月期は大幅減益予想だが、17年3月期は収益改善基調が期待される。

■株価は調整一巡感

 株価の動きを見ると地合い悪化も影響して軟調展開だ。1月12日には昨年来安値となる664円まで下押した。ただしその後は下げ渋る動きとなり調整一巡感を強めている。

 1月19日の終値708円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS14円43銭で算出)は49倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間20円で算出)は2.8%近辺、そして前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS1358円69銭で算出)は0.5倍近辺である。時価総額は約297億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線が抵抗線の形だが、安値圏で陽線を立てて調整一巡感を強めている。また日足チャートで見ると25日移動平均線突破の動きを強めている。16年3月期大幅減益予想だが17年3月期は収益改善が期待され、2%台後半の予想配当利回りや0.5倍近辺の低PBRを見直して反発のタイミングだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)