中国政府・国家統計局によると、全国主要70都市の2015年12月における不動産価格の動向で、新築の商品住宅の価格が前月比で上昇したのは39都市、下落は27都市、横ばいは4都市だった。上昇幅が最も大きかったのは深セン市(広東省)で上昇幅は3.2%だった。下落幅が最も大きかったのは丹東市(遼寧省)で、下落幅は0.9%だった。

 前年同月比で価格が上昇したのは21都市、下落したのは49都市だっ・・・・

続きを読む